【女性美】DVについて/あなたはあなたの大好きな道に進んでいいんだよ☆

 
 
ちょっと今日は、切り込んだ内容の記事になりますが、「DV」について、感じていることを書いてみたいと思います(`・ω・´)ゞ
 
私は経験は無いのですが、「旦那さんからDVを受けたことがある」というお話を、実は身近ではよく聞いたりしています。
 

 
 
凄くデリケートなお話ですし、人によって学びはそれぞれ異なります。
 
また、無意識のうちにそれを望んでいるという方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
そんな中で、今回は、DVで悩み、”その悩みから解放されたい、自由になりたい”という女性に向けたメッセージになります(*^_^*)
 
 
上記にも書きましたが、DVを受けたことがある方は、もしかしたら、無意識のうちに、「嫌」と思っていても、それを望んで受けている可能性があります。
 
というのも、『自分は被害者である』ということを演じていたり、『弱者でいる方が楽』だったりするからです。
 
背景として、両親から厳しく体罰アリで育てられたり、馬鹿にされたり、「誰かに依存しないと生きていけない」ように教育されている場合に、その様な状態が起こります。
 
 
そんな幼い時期を過ごしてしまったら、自分は小さな存在・・・と、卑下しながら人生を過ごしてしまうことも当然と言えますよね・・・。
 
 
時代背景が考えられるかもしれませんが、私もどちらかというと、”悪い事をしたら頭を叩かれる”という感じで、厳しく育てられた方だと思います。
(昔は、学校の先生からも体罰はありましたよね・・・)
 
 
 
そんな私が結婚した当初、どういう反応を旦那に示したか。。
 
驚くべきことに、ケンカした時など、無意識のうちに手を上げられる事を望んでいたんです。
 
私、ケンカした時、相手がイラっとする言葉を言ったり、手を上げたくなるくらい怒りの気持ちを持たせたりしていました。
 
でも、普通だったら(両親だったら)、叩かれるだろうことをしたのに、旦那は黙っていました。
 
耐えてくれました。
 
体罰を受けることが当たり前だった私は、拍子抜け(笑)
 
『女性に手を上げない』という旦那の意志は強かったのです。
 
旦那から手を上げられなかったのは、過去の私からしたらビックリなことだったのですが、一番驚いたのは、自分が手を上げられることを受け入れているという事実(@_@)
 
 
そうなんです。
 
私は、結婚相手が旦那の様な優しいタイプで大丈夫でしたが、こういった「体罰が当たり前」の生きグセがあると、DVをするパートナーを選んでしまったり、パートナーを逆上させてDV化させてしまったりします。
 
(パートナーとなる相手も、幼い頃体罰を受けて教育されていたり、両親同士がDVしてる姿を見ていたりすると、反面教師となればいいけど、そうでない場合もありますよね・・・)
 
 
 
私が、厳しくなく、穏やかで、優しくて、温かい存在である旦那と一緒にいることは、「DV」で悩む女性を救うためでもあるのかもしれません。
 
 
というのも、女性が男性に依存し過ぎることなく、遠慮することなく、あなたはあなたの大好きな道へ進んでいいんだよ♪ということを伝えたいから(*^▽^*)
 
 
気持ちを切り替え、立ち上がることによって、人生を変えていける。
 
いつまでも被害者でいる必要はない。
 
キラキラ光を発して好きな事をして、それを周りにもどんどん広げていきましょうね~!

 
 
fragrantは、そんな女性を応援しています^^
 
 
 

 
 
 
 
 
 

Pocket
LINEで送る