【スピ】スピリチュアルな世界を、家族に理解してもらいたいですか?

 
 
皆さんにとって、「スピリチュアル」って何ですか?(*^_^*)
 
 
不思議な世界?アヤシイもの?特別な人しか使えないもの??
 
思いっきりスピリチュアルな世界に踏み込みつつ、地に足をつけ現実世界も楽しむ・・・。
 
そんな私は、どのようにしてスピリチュアルと付き合ってきたのか?家族との関係はどうなのか?ということを少し整理してみました^^
 
 

 
 
まずは、旦那の事・・・。
 
旦那は、基本私を自由にさせてくれます。
 
私のことも、応援してくれています。
 
 
私のヒーリングの先生曰く、旦那は私より直観力が優れているそうです( ´艸`)
 
 
確かに、思い当たることばかりです。
 
直観力が強く、且つしっかり地に足を着けている人なので、見ていると物事がスムーズに進んでいる・・・世渡り上手とも言えます^^
 
 
思考的にスピリチュアルな学びをしてきたわけではないけど、元々持っている感性をとても大切にして生きてきた人♪
 
 
だけど、そういった経緯があるから、私の旦那は受け入れてくれている・・・ということだけではなく、スピリチュアルと付き合っていく上で、私なりの信念もあります。
 
 
 
私自身、ヒーリングなどスピリチュアルな世界を楽しんでいる。
 
そのスピリチュアルな世界をお説教するのではなく、喜んでいる姿を見せているだけなんですね。
 
 
旦那から見れば、「この子(不思議ちゃん)、何やっているんだかわからないけど、楽しいならまぁいっか。」という状態^^
 
 
 
そして、私は自分が提供するヒーリングにとても自信があります。
 
出来ないかも・・・と、自信なさげにおどおどしていません(^-^)/
 
また、学んできたスピリチュアルな世界も、今の環境を考えれば多くのことを体験・学んできたと自負しています。
 
 
 
更に♪
 
私がヒーリングを提供する時、母親が子供の体に触れ、「痛いの痛いの飛んでけー」と言って、本当に痛みが消えてしまうような、心がこもった優しいものだと思っていますし、誰にでも出来ることだと思っています。
 
 
特別な人しか出来ない、とか、ヒーリングを学ばなければ出来ないと思っていないんですね。
 
というか、思わなくなりました。
 
気持ち・意思さえあれば、誰にでも出来るんです♪
 
 
「自信がない」、逆に、「自分は選ばれた特別な人という見方」・・・これは、相手にも伝わります。
 
もちろん、スピリチュアルな世界がアヤシイものと思っていても、相手に伝わります。
 
 
だから、相手がこちらに向けてくる言葉は、潜在意識では自分がそのままそのように思っている事なんですね(・・;)
 
 
 
 
さて!
 
旦那はOK!じゃあ、ガチガチ左脳人間の父は・・・!?!?というお話。
 
 
 
ヒーリングの世界に踏み入れた時、当然父には宗教とか言われるんじゃないかと正直思っていました(;´▽`A“
 
 
 
でも、やっぱりここでも、ヒーリングを学んで変化を見せている私の姿があるんですよね。
 
 
家族間で起きたトラブルも、結構私、解決してきました(`・ω・´)ゞ
 
(本当にここでは書けないドロドロした出来事が沢山…)
 
 
もう家族は忘れているかもしれないけど、度々父や母から感謝の言葉をもらったりしています。
 
 
 
ヒーリングも自信があるので、今となっては数え切れないくらい、父・母、妹達にヒーリングしています(*^_^*)
 
 
喜んで受けてくれるんですよね♪
 
そして寝てくれる・・・ZZzz…
 
 
 
私自身の姿で説得させているので、”自然に巻き込む作戦大成功!!”といった感じですね。
 
 
そして、「助けてほしい・教えてほしい」というサインがある時はお手伝いするけど、スピリチュアルを理解してほしいと考えを押し付ける事はしていません。
 
私自身、押し付けられるのは嫌ですし><
 
 
人にはそれぞれの考え方がありますもんね(*^▽^*)
 
 
 
 
よく考えると、全て受け入れて欲しいと思っていないですね。
 
受け入れて欲しいと思うのは、自信がないからかもしれませんね…。
 
自分自身が、スピリチュアルなことを理解して、自信持って付き合っていれば、理解してもらおうという気にならないのかも。。
 
 
 
えっと。父の話に戻します。
 
変な話、父の様に、白と黒の世界、白黒はっきりさせるどっちか!の世界で生きている人は、ひっくり返った時受け入れるのが早いです(笑)
 
スピリチュアル→アヤシイから、→アヤしくないにひっくり返る時のことですね。
 
これを、私の姿・行動を見せることで、ひっくり返せました。
 
 
昔私が、「偶然なんてなくて、全て必然なんだよ」なんて言った言葉を父は覚えていて、今父はよくその言葉を使っていますもん(ノ´▽`)ノ
 
 
 
 
「癒し」はもうブームみたいなもので、だいぶ浸透してきていますが、その先、癒された自分はどう在りたいか?それを見つめる時にきているのかなぁと思います。
 
 
どう在りたいか?決めたその姿が、自身の表現してきたことをそのまま周りに納得・行動させていくのかもしれませんね!

 
 
 
説得することに時間を使うのではなく、その姿・行動で示していくという事ですね☆
 
 
は~、私もまだまだ変容中です^^
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

Pocket
LINEで送る